ワカマツ自動車

TEL:099-266-0666 受付9:00~18:00 ロードサービスは365日24時間受付お問い合わせアクセス方法

ベリーニ鹿児島

アジア圏初!世界最先端の技術を取り入れた自動車の整備工場が鹿児島市に誕生しました。

イタリアの企業と提携 クルマの整備・修理が変わる!

清潔感あふれる作業場。

ピカピカな白いタイル張りの床にシンプルで整理整頓された収納棚。従来の整備工場では無かった清潔感あふれる作業場は、イメージが変わるだけで無く、従業員の作業効率にも繋がります。

最新鋭の設備。

フェラーリやランボルギーニ等、高級車メーカーの認証も受け高い技術力を誇るイタリアのベリーニ社がつくり上げた設備「プレパレーションシステム」を導入。作業スピードの向上と作業品質の向上の両立を実現。

これまでの工場は...

各工程ごとに、車を移動させることが一般的。この方法だと車の移動時間でロスが発生する上、人手も必要。車をぶつけてしまうと行った事もありました。

プレパレーションを導入した工場では...

入庫した車をそのプレパレーションゾーンに入れることで、全ての作業が終了するまで車を移動させることがありません。(鈑金→塗装)

従業員の歩行時間、材料や工具を探す時間は一日の時間の中で30%以上あると言われている

これにより、
作業者の移動時間と負担が大幅に減少!

さらに、灯油使用量削減など、
エネルギー効率も改善されることにより

トータルコストの削減!

人と環境に優しい。

自動車の補修で使う塗料は溶剤系でなく水性塗料を導入。刺激的なニオイも無く、乾燥にかかる時間も従来の4分の1で使用電力も軽減。リフトで車体を持ち上げる事で下に潜ったりせず楽に作業できるので、腰を痛めたりせず、作業員の体にとっても優しい。

プレパレーションシステム1

水性塗料「オニキスHD」

水性塗料は、BASFの自動車補修用プレミアム塗料ブランドである「R-M」の「オニキスHD」を採用しています。

水性塗料「オニキスHD」人体への悪影響や大気汚染を引き起こすVOCの排出削減に貢献するため、
本製品を採用することで環境に配慮し、地域に開かれたボディショップ運営を目指しています。

水性塗料のリーディングサプライヤーであるBASFのR-Mについての詳細はこちら↓ R-M

プレパレーションシステム2

上下圧送式吸排気システム

アクティブチャンバーシステム※を世界初搭載。

「ブース内の空気を常に全開で流す必要はない」
という発想。

必要なだけの空気量を必要な部分にだけ制御する装置

※アクティブチャンバー:風を集中・分散を制御する仕組み

ドア、フェンダーを塗装する場合には
ブース内前方だけ部分的に空気をコントロール

★フィルターや電気代などのコスト削減 効果
★塗装部分のみに空気を絞れば最大0.5m/s以上の風量

塗装品質の向上・時間の削減

プレパレーションシステム3

ブース内スペースにリフト設置

従業員の作業時の膝への負担を考慮。
車のステップ、側面下側を目線を高くして作業出来る

作業スピードの向上
作業品質の向上の両立を実現

従来の作業風景

プレパレーションシステム4

コントロールボックスの設置

各プレパレーションエリア内のコントロールボックスの横に収納棚を設置する事によって、従業員の歩行時間を削減。

プレパレーションシステム5

消耗品収納ボックスの設置

各プレパレーションエリア内のコントロールボックスの横に収納棚を設置する事によって、従業員の歩行時間を削減。

一般の御客様にもシンプル、かつ整理整頓にされている修理工場のイメージを違う目でみてもらえる。

プレパレーションシステム6

近赤外線乾燥機REVO

SHORT WAVE(短波)は下地、ベースコート、トップコートを全て通り抜け、鉄板部分まで波長が届き、乾燥時間を大幅に短縮。

従来1パネル15分かかっていた乾燥時間を4分に削減。

この乾燥機を使うことで、従来乾燥時間がかかると言われている
ベースコートの乾燥時間を大幅に削減

「ベリーニ鹿児島」誕生の経緯

2012年6月にイタリアの業界最先端の鈑金塗装工場を視察。ワカマツ自動車の鈑金塗装新工場建設を決意。その後、2013年12月にはイタリア・ベリーニ社からBellini CEOをはじめ、技術者が鹿児島に来訪し、工場レイアウトや設備内容を討議。
アジア地域初めての設備導入計画を具体化。
今回、ベリーニCEOのご厚意でロゴと会社名をわけていただき、「ベリーニ鹿児島」オープンとなりました。ベリーニの名を汚すこと無いよう、開店時の思いを引き継いでいきます。